ガラケーで撮影した写真をデータとして残す方法

ガラケーで撮影した写真をどうしようかと、悩む人は少なくありません。既にスマホに変えているから、印刷をして残しておけばいいと思う人も多いでしょう。しかし、撮影したデータは家族や友人達の大切な物だから、データごと残しておきたいという人もたくさんいます。

残しておく方法としては、メモリーカードのデータをパソコンに取り込んで、データとして保存する方法をとる人が少なくありません。パソコンの本体だけではなく、USBメモリでも保存をしておくことで、パソコンが万が一故障してもデータを残して置けるでしょう。また、クラウドサービスを利用することで、万が一パソコンやメモリが故障しても、アップロードしたデータは半永久的に残しておけます。

プリンターや専門店でガラケーの写真を残す方法

プリンターを使って残しておく方法としては、自分の家でプリンターを使う方法が有名です。それ以外では専門店に依頼することで、残しておけるでしょう。メモリーカードを利用していれば、安全にデータをそのままプリントできるところが少なくありませんので、利用しやすいです。

それ以外にはフォトブックにする方法もあります。フォトブックにしておけば、過去の写真を全てきれいなまま保存しておけるため、人気が出てきました。子供の写真やペットとの思い出など、懐かしい写真をデータとして取り出すだけではなく、フォトブックにしていつでも好きなときに見られるようにすることで、データとして残しておくだけではない楽しみ方もできるでしょう。

フォトブックは継続的に作り続ける事でライフログにもなるので、写真好きな方以外も利用するのが良いでしょう。年代やイベント毎など節目毎にまとめておくと後々、楽しむ事ができます。