壁面緑化によるイメージの変化

建物の壁に植物を這わせる壁面緑化は植物の遮熱性が注目されて広く普及していますが、元々は建物の外観の雰囲気を変えるための装飾作業の一種でした。植物の葉や枝を茂らせて建物全体を覆うことにより、神秘的なイメージを演出することが出来るのが壁面緑化の特徴です。成長が早く、枝や蔓を四方八方に伸ばす品種の植物を使うことで大きな建物でも壁面緑化を施すことが可能になります。日本では通気性に富んだ木造建築が主流だったため壁面緑化の歴史が浅い問題がありますが、建物のイメージを手軽に変えることが出来るテクニックの一つとして壁面緑化が注目されています。

マイホームの居住性を向上させる壁面緑化の管理方法

壁面緑化は建物の遮熱性を向上させる効果があるので、現在では光熱費を節約する目的で一般の住宅でも行われるケースが増えています。壁面緑化では建物の壁に万遍なく枝や蔓を這わせることが大切なので、金具やロープなどで植物が伸びる方向を操作することが遮熱性を向上させるための工夫です。また、植物の成長速度も遮熱性に大きく関わる重要な事柄ですが、単に成長が早いだけではなく病気や害虫に強い品種を使うのが長持ちさせるための条件です。壁面緑化に用いる植物が弱ってしまうと葉や枝が枯れてしまい、遮熱性が損なわれます。見栄えも悪くなる他、枯れた葉や枝が飛散して周囲を汚損することもあるので、環境を良好に保つためにも品種選びには細心の注意を払うのがマイホームの居住性を良好に保つための心得です。

壁面緑化は、夏が旬の野菜を使って実施出来るケースもあり、つるが上に伸びていくゴーヤを庭の花壇に植えておくと1~2ヶ月程度で壁が緑色の葉っぱで覆われます。