贈る側のメリットとデメリット

内祝いを贈る側がカタログギフトを利用するメリットとしては、まず品物選びで悩まずに済むということが挙げられます。ですので、何を贈ったらいいか分からない場合や選ぶ手間をかけたくない場合に便利です。そして予算に応じたカタログギフトが選べるので、予算オーバーすることがないということもメリットだと言えるでしょう。一方のデメリットとしては、カタログに掲載されている商品を実際に確認することができないということが挙げられます。店頭で選ぶ場合は、自分の目で見たり触ったりして確認することができますが、カタログギフトの場合はそれができないということです。そのため、信頼できる会社のものを選ぶということがとても大切になります。

贈られる側のメリットとデメリット

内祝いでカタログギフトを贈られる側のメリットとしては、自分の好きなものをカタログの中から選べるということが挙げられます。品物を直接贈られる場合は、必ずしも自分の欲しいものが貰えるとは限りません。しかしカタログギフトであれば、さまざまな商品の中から選べるので、不要なものが贈られるという心配はないでしょう。一方のデメリットとしては、カタログの写真と、実際の品物のイメージに違いが出てしまう場合もあるということが挙げられます。これは通販などでよくあることですが、カタログギフトの場合も同じようなことがあり得るということです。そして申し込み期限が過ぎてしまうと、品物が貰えなくなるということもデメリットだと言えます。

内祝いは、相手方が好きなものを注文できるカタログギフトや日用雑貨品、食料品など色々な商品の中から選択しましょう。