持ち運びが便利でメンテナンスも簡単な製品が多い

電子タバコは、一般的な紙巻きたばこと比べてある程度の初期費用が掛かりますが、スタイリッシュな形状の製品が多く、自宅での使用はもちろん、外出先にも持ち運びしやすいといったメリットがあります。また、煙を吸引するためにライターやマッチを使うこともないため、安全面から電子タバコに切り替える人も珍しくありません。市販の電子タバコの中には、取り外し可能なカートリッジを定期的に交換するだけで十年を超えて問題なく使い続けられるものも多くあります。そのため、月々タバコに関する費用をなるべく節約したいという人は、各メーカーの売れ筋商品をチェックして、メンテナンスが簡単な電子タバコを優先的に選ぶことがおすすめです。

海外製の電子タバコ本体やリキッドは健康リスクもある

国内に出回っている海外製の電子タバコ本体やリキッドの種類によっては、長期間の使用により健康リスクが高まる可能性があるため、慎重に安全性の高いものを見極めることが肝心です。特に、大量生産された電子タバコについては、使用環境や使用頻度などによって、発熱や発火などのトラブルが起こることもあり、使用前に説明書の内容をきちんと確認しておくことが大事です。また、国内ではニコチンを含有する電子タバコの専用のリキッドの販売が規制されていますが、海外製のリキッドの中には微量のニコチンを含むものもあります。そこで、初めて電子タバコを使用する際は、信頼できる輸入製品の販売業者を通じて、人体に害が無いリキッドを買い求めることがポイントです。

vapeのタバコフレーバーは紙巻きタバコの味を再現したリキッドのことで、ニコチンが入っているものと入っていないものがあります。