アンティーク家具初心者には椅子がお勧め

アンティーク家具初心者の人は、アンティークを初めて見たいけれど、最初からあまりインパクトのある家具はちょっと避けたいと不安に思う事もありますよね。それなら椅子がお勧めです。椅子がなぜお勧めなのか、それは、アンティークの椅子はそろっていなくても1つだったとしても様になるからです。使い方は様々で、椅子として使わなくても部屋にインテリアとして飾っておくだけでも良いからです。ベッドサイドに置けばないとテーブルとしても使えると思いますし、玄関や廊下において飾っておくだけでも空間を演出する事ができます。飾りとして、座るという用途を考えずに、アンティークの椅子は初心者にとって敷居が低くて始めやすいと言ってもいいでしょう。

キャビネットから始めてみても!

アンティーク家具を始めたい人に、椅子の次におすすめしたいのはキャビネットです。ガラスキャビネットでもいいですし、普通の木製のキャビネットでも良いのですが、とにかく始めやすいアンティーク家具といっても良いでしょう。何を飾るかはまだ考えていないという人も、とりあえずキャビネットを置けばそれだけで様になります。椅子同様デザインが気に入っていて、用途は度外視してデザイン的に置いているだけでアンティーク感が出るものを選べば、それはアンティーク家具の第一歩です。少し椅子よりも大きな家具になりますので、思い切った買い物になるとは思いますが、部屋の雰囲気や自分の理想に近いキャビネットからスタートさせてみてもいいですね。

一般的に100年以上前に作られた家具をアンティーク家具といいますが、実際は明確な定義はありません。ただフランス語では「古美術」や「骨董品」という意味で、古くて美しい家具である事に間違いありません。