顔にぴったりはまるサイズが最適

花粉症の発症を防ぐためには花粉に触れないことが何よりも重要です。特に目のかゆみに悩まされる人は花粉対策用のメガネを使うのが効果的な方法ですが、わずかなすき間から花粉が入り込むので十分に注意しなければいけません。花粉対策用のメガネを選ぶ際は自分の顔にぴったりはまるサイズであることを重視します。大きすぎても小さすぎてもすき間が生じるので、妥協せずに選ぶことが大切です。顔に触れる部分はすき間が生じやすいので、弾力性のある物を選ぶのが花粉の侵入を防ぐための工夫です。ある程度の弾力性があれば顔の形に合わせてフィットするので、メガネ選びの際は材質にこだわることを心がけます。

使用前後のお手入れを考慮して選ぶことも大切

花粉症を屋内で発症するケースは少なくありませんが、これは屋外から持ち込んだ花粉に触れたためです。頭髪や衣服などに花粉が付着するイメージがありますが、全身に万遍なく付着しているのが普通なので装飾品も例外ではありません。花粉対策用のメガネも同様であり、短時間の外出でも花粉がたくさん付着することがあります。そのまま放置すると花粉に触れるリスクが増大するので、外出したらメガネを洗う習慣を持つことが大切と言えるでしょう。また、使う前にも念入りに洗浄することで発症リスクを軽減できます。花粉を残さず洗い流すことが大切なので、シンプルなデザインのメガネを選びます。形状が複雑な物や狭いすき間がある物は花粉が溜まりやすいので避けるのが賢明です。

また、花粉は黄色っぽい物が多いので、黒や紺など淡い色が目立ちやすい色合いの眼鏡を選ぶのも花粉を綺麗に取り除く工夫です。

メガネの花粉防止に特化しているものは、メガネ本体と顔の表面の隙間をシリコン樹脂などで花粉の侵入を防ぐ処置が施されています。